曽爾高原

黄金に輝くススキの名所 ~奈良・曽爾村~

奈良は東北端
珍しい柱状節理の美形は国の天然記念物に指定されている
鎧岳、兜岳、屏風岩なども道中に見ることが出来る曽爾村にある曽爾高原

google map

室生赤目青山国定公園に指定されており
春~夏は緑鮮やかな大草原
この時期は、夕日に照らされ
黄金に輝くすすきを見ようと
たくさんの方が訪れる秋の観光名所

日本300名山の一つの倶留尊山から亀山を結ぶ西麓に広がる曽爾高原
ススキで一面に覆われた大草原です

9月14日〜11月24日
日没から午後9時 には「山灯り」もされており
お亀池周辺を約200個の灯籠で遊歩道を照らします

高原入口前には駐車場も完備
すすきの時期は、駐車場に停める車の渋滞で夕日に間に合わない位、混雑します
絶景の瞬間には、早めからの高原入りをおすすめします


曽爾

駐車場は料金が必要

ファームガーデンに駐車して歩かれている方もおられますが
高原を歩く前に坂道を歩くことになります
でもコストはかかりません

曽爾

夕日に染まるすすきが美しいと豪語しておきながら
今回訪れたのは、木枯らし1号が吹いた早朝

雲海レーダーが働き、行ってみたものの・・・
曇りなあげく・・小雨も降る山の気候
高原からは何も見えないということは、山頂は雲の中

今回のルートは
高原入口→高原→亀山峠(810㍍)→亀山(819㍍)→高原入口→高原ウロウロ
ハイキングでは60分もかからないコース + 撮影

半日も滞在してないくらいですが
秋の散策を楽しめます

曽爾

お亀池の山側の遊歩道は浸水の為
侵入禁止でした
写真はお亀池の手前側

曽爾

亀山峠へむかう遊歩道

先が見えない・・・


峠へついた時は真っ白でしたが

徐々に雲がひいてくれました

しかし、山の上は暴風です

Twitter での動画投稿

曽爾
お亀池を下に
広がる風景
お亀池も水がかなり溜まっていて
水鳥さんも来ていましたよ

山の稜線は見えないですが
流れる雲と
たまに山に刺す光を眺める時間
曽爾
瞬間だけ照らされる光
曽爾

曇りでも瞬間を切り取るために
シャッターチャンスを待ちます

曽爾
そして
光の♡な瞬間
曽爾
亀山山頂付近からの景色

低い山?でも一部崖はあります

登るのより降りる方が怖いかも・・・

強風にあおられながら鎖をたよりに
カメラぶつけないように・・・
曽爾
山頂で見つけたお花
崖を下りながら撮影・・・
でも、お花を見たらほっこりします

曽爾
そしてなだらかに下山

色づく景色も見渡し
振り返ると、だいぶ降ったなぁ・・と思いながら
高原へ戻ります


曽爾
高原は風はまだマシなものの
やっぱりお天気はイマイチ
曽爾

やはり午前中は
ナウシカの世界感はなく
少し垣間見た青空を・・

曽爾
鎧岳も色づいていました

併せて訪れたい場所

お亀の湯  ➽ 投稿ふぉと
✼日帰り良質ランキングに入る温泉✼ 営業時間は午前11:00~の

今回は寄っていませんが、奥藤葉が奈良で一番好きなお湯はここです♨

区切りライン画

そして、曽爾高原とセットで訪れるのが多い場所
室生の向渕

龍王ヶ淵

駐車場もあります

木枯らしが吹いてるなんで知らなかったもので・・・
静寂の空間とはもちろんならず
もちろん水面は風に吹かれて波立つ・・に決まってる

龍王ヶ淵
の、中でも
少しミラーな一枚

リフレの瞬間はなさそう・・・
地元の方のお散歩や、他にも写真を撮りに来られている方はいてました

昼からの方が風はマシかも、と教えて下さいましたが

Twitterへの投稿

龍王ヶ淵
お天気は良かったので
自撮りポトレでも♡

by 奥藤葉

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA