錦の里|正暦寺の紅葉

聖地菩提山の3000本の楓 ~奈良市~

奈良市でも少し離れた深山幽谷
奈良の紅葉名所は
菩提山寺とも言われる正暦寺さん

google map

紅葉の時期には境内近くまでバスも運行されており
駐車場も行くまでの細い道には誘導される方もおられ、交互通行に
パーキング代は500円

日本清酒発祥の地とも言われています

日本で初めて清酒を醸造したとの伝承が
境内には菩提仙川が流れています

借景庭園が見事な福寿院さんでは
その景色をご自身の目で見ることをおすすめします

その色づきは年ごとでまた彩りや趣も変わってきます

残念ながら、2019年はその場所や本堂の撮影は禁止になっていましたが
素晴らしい景色を拝めたことには間違いありません

数年前の写真からの一枚

撮影禁止以外の場所は撮影できるので
色づきを楽しみながら歩きます


本堂へは階段であがるか、ぐるっと回る緩やかな回り道を登っていきます

本堂にあがる階段の石垣も立派です

境内の菩提仙川と紅葉

グラデーションの紅葉がとても美しく
黄色のいちょうも引き立ちます

いちょうの絨毯にはまだ少し早い頃でした

なので出前の苔から

奈良の寺院は派手ではなく地味なんですが
その風情や趣、奥ゆかしさがとても好きで
ここ正暦寺さんは
奥藤葉の写真のテーマの奈良を写そうと
写真を始めるきっかけになった場所でもあります

心現れる奈良でのひととき

歴史のわびさびを感じながら
いつまでもこうあって欲しいと思う場所

バスツアーにもなっていて
観光で来る場所でもありますが
この雑然さや、素朴さを大切に
この素敵さをまた撮り続けようと思える2019年の秋の彩りでした

Twitterの投稿

併せて訪れたい場所

いちょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA